openSUSEでHomeServer
                     LAST UPDATE: 2005/07/05

xglについて

Xgl(エックスジーエル)はデスクトップをOpenGLを使って描画するX Window Systemのアーキテクチャーの一つ。
Xサーバを現在のピクセル描画モデルからベクトル描画モデルに移行するものである。ノベル社のデビッド・レイブマン(David Raveman)によって開発された。
最近のPCは3D機能付きのグラフィックカードを搭載しているため、Xglを使用することによりX上で高速で多彩なエフェクトが使用できる。しかしながら、nVidiaやATIのようなグラフィックカードベンダーはオープンソースのドライバーをほとんど提供していないので、現在のXサーバーがサポートする全てのマシン上でXglは動作しない可能性がある。
2005年の非常に閉鎖的な開発のされ方が問題になり、一部の開発コミュニティで論争を起こしたことがある。2006年のX開発者カンファレンスで実装が発表されてからは好意的に受け入れられた。
SUSE Linux10.1に搭載されている。

OSのインストール

SUSE Linux10.1でデスクトップ環境GNOMEでインストールしてください。
ソフトウェアをインストール際にmakeとgccとkernel-sourceにチェックを入れてください。
SUSE Linux - xgl1

SUSE Linux - xgl2

SUSE Linux - xgl3

XGLの導入

試したグラフィクボードですが、私のは玄人志向のGeforce5600XTで試しました。以下はnVIDIAのグラフィクカードを前提としています。
まずドライバをnVIDIAドライバからダウンロードしてください。
つぎにモードをテキストモードにします。

#init 3

そしてさきほどダウンロードしたドライバをインストールします。

#sh NVIDIA-Linux-x86-1.0-8756-pkg1.run -q


SUSE Linux - xgl4

SUSE Linux - xgl5

SUSE Linux - xgl6

SUSE Linux - xgl7

つぎのコマンドを実行します。

#sax2 -r -m 0=nvidia

グラフィカルモードにします。

#init 5

つぎにxglとcompizをYaST2からインストールしてください。
SUSE Linux - xgl8

SUSE Linux - xgl9

そしてgnomeのコントロールパネルからDesktop Effects Settings現れるのでクリックしEnable 3D Desktopをクリックしてください。
SUSE Linux - xgl10

SUSE Linux - xgl11

再起動しますか?と聞かれると思うので再起動してください。
再起動後3Dデスクトップになっています。

スクリーンショット

SUSE Linux - xgl12

SUSE Linux - xgl13

SUSE Linux - xgl14

SUSE Linux - xgl15

△TOP
Copyright © openSUSEでHomeServer All Rights Reserved.
管理人へメール