openSUSEでHomeServer
                     LAST UPDATE: 2007/10/08

VLC media playerとは

家でパソコンを使っている方でどのようなソフトを多く使われているでしょうか?
私は、ネットサーフィン、officeなどを使用して作成した書類や提出物、あとDVDや動画をみる。
これらが使用頻度としては高いです。
これらをWindowsではなくLinuxで不自由なく使用しています。
ブラウザはFirefoxがあれば十分だし、
officeはOpenOfficeで使いやすいし、
あとDVDや動画はVLC media playerでなんなく再生です。
そこでVLC media playerについて紹介しておきたいと思います。

VLCメディアプレーヤー (VLC media player) は、VideoLANプロジェクトによるメディアプレーヤーで、GPL下で公開されているフリーソフトウェアである。
最初はVideoLANクライアントと呼ばれていた。
DVD-Video、ビデオCDの他、いろいろなストリーミングプロトコルなど、多くの音響、映像のコーデックやファイルフォーマットをサポートしている。

広帯域ネットワーク上のIPv4ないしIPv6におけるユニキャスト、マルチキャストのストリームのサーバーとしても使われる。
サポートする多くのフォーマットを扱うためにFFmpegプロジェクトのlibavcodecコーデックライブラリを用いている。
また、暗号化されたDVD-Videoの再生を扱うために、libdvdcssDVD暗号復文ライブラリを用いている。
ひとつのプレーヤーでもっとも多くのプラットフォームに対応しているもののひとつであって、Linux、Microsoft Windows、Mac OS X、BeOS、BSD、携帯情報端末、Solarisのバージョンがある。
Windows、Linuxなどのプラットフォームについては、VLCはMozilla/Firefoxのプラグインを提供し、
アップルやマイクロソフトの製品を使わなくてもQuickTimeやWindows Mediaのファイルを組み込んだウェブサイトを見ることができるようにしている。
バージョン0.8.2で、ActiveXのプラグインの提供も開始し、
Internet Explorerでの閲覧時にもQuickTimeやWindows Mediaのファイルが組み込まれたウェブサイトを見ることができるようになった。
VLCメディアプレーヤーはポータブルアプリケーションとしても使うことができる。

【参照:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』】

またビデオコーデックの対応が多くDivX・XviD・MPEG-4・MS-MPEG4・H.263・WMV9・DV・Theora・H.264・Motion JPEGが 対応しているので、ここらが私が気に入っているところです。

VLC media playerのインストール

まずhttp://www.videolan.org/vlc/に行きSUSE LinuxからVLC media playerをダンロードしてきましょう。
vlc.tmpというのが保存されると思うのでそれをクリックです。
そうすると、
vlc-1

という画面が出てくるので【次へ】をクリックです。
vlc-2

【次へ】をクリックです。
vlc-3

じっと待つ。
vlc-4

管理者のパスワード入力して【次へ】をクリックです。
vlc-5

とりあえず【Trust and Import the key】をクリックです。
vlc-6

インストールしたディスクを挿入してください。なにかとインストールする時、ディスクを入れるのがいつも面倒くさいと思う私です。
これで完了です。あとはDVDや動画の観賞に浸ってください。
再生してみた感じです。
vlc-7

△TOP
Copyright © openSUSEでHomeServer All Rights Reserved.
管理人へメール