openSUSEでHomeServer
                     LAST UPDATE: 2005/11/20

Squidのインストール

Squidのインストールをインストールするには
YaST コントロールセンタを起動し、「ソフトウェア」の「ソフトウェアのインストール/削除」を起動します。 「フィルタ」 を 「検索」 とし入力の欄に「squid」と入力し右側の検索結果から「squid」にチェックマークを入れて 「了解」 を押してインストールしてください。

Squidの設定

(1)Squidの設定
viの使い方がわからない人はviについてを参照してください。

#vi /etc/squid/squid.conf ←squid.confの編集

#Default:
# http_port 3128

http_port 8080←プロキシサーバーのポートを指定

#Default:
# cache_mem 8 MB

cache_mem 16 MB←キャッシュメモリを指定

#Recommended minimum configuration:
#acl localhost src 127.0.0.1/255.255.255.255

acl lan src 192.168.1.0/255.255.255.255←内部LANのみ許可するに変更

#Default:
# forwarded_for on

forwarded_for off←相手のサーバーにプロキシだと知られないようにする

http_access allow lan←内部LANのみ許可するに追加
http_access deny all←内部LANのみ許可するに追加

以下を追加(プロキシ経由でアクセスしていることをアクセス先に知られないようにする)
header_access X-Forwarded-For deny all
header_access Via deny all
header_access Cache-Control deny all

(2)Squid起動


#/etc/init.d/squid start
Starting WWW-proxy squid (/var/cache/squid)   done


(3)自動起動
自動起動にする場合は、SUSE LinuxはRadHad系なのでchkconfigコマンドが使えます。

#chkconfig squid on
#chkconfig --list squid
squid   0:off 1:off 2:off 3:on 4:off 5:on 6:off


△TOP
Copyright © openSUSEでHomeServer All Rights Reserved.
管理人へメール