openSUSEでHomeServer
                     LAST UPDATE: 2006/01/03

SharpDevelopとは?

SharpDevelopは.NETを使用して、C#でゼロから書かれた最先端の.NET開発環境です。
また、.NETの可能性を示し、SharpDevelopのソースコードも利用可能です。
ここでSUSE Linuxのサイトなのに.NETかよと、思いの人もいるかもしれませんが、どうもLINUX好きな人はアンチMSと言う人が多いのではないでしょうか。
私が思うにLINUXが優秀だからといってアンチマイクロソフトというのはチョットわかりません。
いまパソコンの中で一番普及してるのはwindowsであり、このたくさんある資源をすべて否定しまってはもったいないと思うのです。
だからwindowsもいいところがあり、LINUXもいいところがある。OSに壁を作ってしまう方が私的にはとても悲しい感じがします。
ということでSharpDevelopなのですが、JAVAではEclipse,フリーソフトを作成する方はDelphi,VisualBasicなどを使っていらっしゃる人が
多いのではないのでしょうか。ここでもうひとつSharpDevelopを選択肢に加えてみてはいかがでしょうか?
特徴として使い心地がVisualStdio.netに非常に似ています。そして、オープンソフトであります。
実際に使ってみてとてもよくできてると思います。こんなの出してマイクロソフト社やボーランド社は大丈夫なのと思うくらいです(笑)

SharpDevelopのインストール

SharpDevelopのインストールの前に.NET Framework Version 1.1をインストールされてない人は.NET Framework Version 1.1からダウンロードしてください。
.NET Framework1.1用の日本語 Language Packは.NET Framework1.1用の日本語 Language Packのサイトよりダウンロード・インストールしてください。
そして、SharpDevelop1.1をダウンロードしてインストールしてください。ダウンロードはSharpDevelopのサイトからダウンロードし、インストールしてください。

SharpDevelopの設定

SharpDevelopを起動し、メインメニュー「Tools」->「Options」で表示されるダイアログにより以下の項目を変更してください。
 1.UI Languageを"Japanese"に変更
 2.Text EditorのFontをMS ゴシック"の10P位に変更(もちろん、フォントの設定はお好みでどうぞ。ただし、固定幅フォントがオススメです)
 3.Text EditorのFile encodingを"Japanese (Shift-JIS)"もしくは"Unicode (UTF-8)"に設定*2
スクリーンショット
設定完了です。

Copyright © openSUSEでHomeServer All Rights Reserved.
管理人へメール